10の湯めぐり

18 onsen

※ 2013年10月より吉祥CAREN温泉大浴場への湯めぐりはご利用いただけません。

北川温泉のい・ろ・は
伊豆の東海岸にある小さな温泉地が伊豆北川温泉。名前は“きたがわ”と読まれがちですが、実は“ほっかわ”と読みます。
小さな温泉地で大きな観光施設や景勝地は無いですが、真っ赤に染まる空から昇る朝日や満月の夜に海に浮かぶ金色の月の道など、海から届く絶景と天然温泉、美味しい海の幸が自慢の温泉地です。
全ての湯処自家源泉かけ流し
当館には、本別館合わせて18の湯処があり、その全てで自家源泉かけ流しをお楽しみいただけます。
また、湯処以外でもお部屋の内風呂や露天風呂でも天然温泉を堪能くだい。
毎分300Lの湯量
温泉の湧出量は毎分300リットル。豊富な湯量のおかげで、全ての湯処で天然温泉を楽しんでいただけます。 かけ流しの湯処では、常に温泉が溢れており、いつでも新鮮なお湯を堪能できます。
源泉の温度は70.4度
源泉の温度は70.4度。高温源泉は温泉の成分濃度が高く、 70度近くある源泉は伊豆の中でもめずらしいようです。
本館のすぐ隣には櫓(やぐら)を組んだ源泉があり、立ち上る煙が温泉情緒を演出致します。

《泉 質》

ナトリウムカルシウム塩化物温泉

《効 能》

神経痛・筋肉痛・関節痛・五十肩・運動麻痺・関節のこわばり・うちみ・くじき・慢性消化器病・痔疾・
冷え症・病後回復期・疲労回復・健康増進・きりきず・やけど・慢性皮膚病・虚弱児童・慢性婦人病

温泉美人の入浴 い・ろ・は

い
湯船に入る前には、まず掛け湯をする。
シャワーでも良いのですがいきなり熱いお湯に入らず徐々に身体をならしていきます。
ろ
半身浴で、じわじわと身体を温める。
いきなり入ってしまうと肌がびっくりしてしまいますので、内臓から徐々に温める感じで少しづつ身体を温泉に慣らしましょう。
は
温泉を手のひらにとり、やさしく顔をパッティングします。
※敏感肌の人は、少しだけつけてみて違和感があるようなら控えてください。
に
身体全体が温まり、発汗してきたら上がりましょう。長湯は湯あたりの原因にもなるので禁物です!
ほ
上がる時には、せっかくの温泉成分を流さずにそのまま上がりましょう。
へ
入浴後には、たっぷりと水分を摂取することで失った水分の補給と老廃物の排出を促しましょう!
と
簡単なストレッチをすると新陳代謝も向上!

入浴する時はココに注意!

1
入浴時間は、温度により異なるが、初めは3分ないし10分程度とし、慣れるに従って延長してもよい
2
入浴中は一般に安静を守り、入浴後は湯ざめに注意して一定時間安静を守る
3
食事の直前・直後の入浴は避ける事が望ましい
4
飲酒してからの入浴は特に注意する
宿泊プラン一覧
  • H.P.D.Golden Club メンバー募集!
  • H.P.D.Golden Club メンバーズ ログイン
  • 湯上がりのおもてなし
  • 記念日のおもてなし
  • Club Kissho 2連泊以上のお客様
  • 日帰りプラン
  • つるや体験教室
  • 10の湯めぐり
  • 宴会場
  • お子様利用について
  • オリジナルショップ
  • オリジナルショップ
  • つるや花暦
  • よくあるご質問
  • フォトギャラリー